ENGLISH

HOME>プログラム一覧>リーダーシップ

リーダーシップ

担当講師一覧

k_ikeda

池田 哲平(いけだ てっぺい)

1988年イギリス系金融仲介取引会社入社後、香港・シンガポールにおけるグローバルチームの責任者などを経験。オランダ系証券会社、邦銀シンガポール支店にてデリバティブトレーダーとして活躍後、シンガポールと東京にてIT関連企業設立に携わる。2000年まで、ベンチャー企業の役員として財務・海外営業・新規事業の立ち上げに関わる。海外事業経験を生かしたグローバル企業の能力開発・コンサルティングには定評がある。

k_izumi

泉 一也(いずみ かずや)

ウィルビジョン株式会社 代表取締役  場活師

京都大学卒業後、(株)エム・アイ・ティーに入社。 人事採用部門の管理職を務める。(株)コーチ・エィにてコーチとして活躍。2004年にウィルビジョン(株)設立、代表取締役就任。その後ビジネスコーチ(株)設立に参画、3年間の取締役を経てパートナーコーチ就任。 現在、あり方を磨く唯一の塾 場活流チェンジリーダー塾 主宰。

k_iwasita

岩下 直樹(いわした なおき)

株式会社 アスクリエイション 代表取締役

1960年神奈川県生まれ。1985年プラス株式会社入社、営業マネジャーを経て1992年に人事教育部へ異動。その後、ASKUL事業の立ち上げ支援や全社教育体系の見直しなどを行う。2005年には、PHP研究所主催のコーチングカンファレンスに出席。藤巻幸夫氏や神戸大の金井教授と共にパネラーを務める。NLPマスタープラクティショナーとして、ビジネスの広い分野に活用できる「相手を動かすコミュニケーショントレーニング」を得意分野とする。

k_ebisuya

蛭子屋 朋子(えびすや ともこ)

E&Fコンサルティング株式会社 代表取締役

獨協大学経済学部卒、宅地建物取引主任者として㈱トーメンハウジング、有楽土地㈱に勤務後、業界初の女性営業職による住友不動産本社ハウジングセンター設立に参加。責任者を務める。1985年~1998年、アークインターナショナル株式会社勤務。シニア・トレーナーとして、個人の潜在能力開発、組織における意識変革の企画と導入及びトレーニング設計などに携わる。5万人の研修を実施。99年にE&Fコンサルティング㈱設立。リーダーシップ、コーチング、モチベーションなどの研修を実施。ジョン・グリンダー博士認定NLPマスタープラクティショナー、NLPコーチ。生涯学習財団認定コーチ。エニアグラムの世界的権威リソ&ハドソンのトレーナートレーニングPart1~3終了。EQプロファイラー。

小杉 俊哉(こすぎ としや)

小杉 俊哉(こすぎ としや)

合同会社THS経営組織研究所代表社員 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授

早稲田大学法学部卒業。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修士課程修了。日本電気株式会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーインク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を経て独立。

k_taoka

田岡 純一(たおか じゅんいち)

有限会社 ジェイシップ 代表取締役
1958年高知県生まれ。1979年三和シャッター工業入社、1982年TBSブリタニカを経て、1984年日本マクドナルドへ。営業部店長、スーパーバイザー、ハンバーガー大学プロフェッサー、副学長、トレーニング部開発室室長を経て、2006年より現職。マクドナルド時代には、顧客満足度向上、新店舗オープンシステム、社員教育プログラム開発等のプロジェクトリーダーとして活躍。率先垂範で部下のモチベーションを高めてきた実績を持つ。

得意分野:リーダーシップ、ファシリテーション、AI(ポジティブチェンジ)
講師から一言:人の良いところを見つけて伸ばしてあげよう。

中川 繁勝(なかがわ しげかつ)

中川 繁勝(なかがわ しげかつ)

ギビングツリーパートナーズ株式会社/人財育成プロデューサー

1991年中央大学理工学部卒業。システムエンジニアに従事する傍ら、社内の新人研修プログラムの改革を推進、自ら運営にも携わる。シスコシステムズにてユーザー向け技術者トレーニングのマーケティング、フューチャーアーキテクト株式会社にてITコンサルタントの育成業務に従事。その後、人財育成プロデューサーとして独立し、人財育成マネジャーの経験を活かした視点で、研修企画・開発からデリバリー(講師)までを提供している。現在、NPO法人人材育成マネジメント研究会理事、ワールド・カフェ・ウィーク実行委員を務める。

k_nagare

永禮 弘之(ながれ ひろゆき)

株式会社エレクセ・パートナーズ代表取締役

これまで、化学会社の経営企画、外資系コンサルティング会社のコンサルタント、衛星放送会社の経営企画部長・事業開発部長、組織変革コンサルティング会社の取締役などを経て現在に至る。建設、化学、医薬品、食品、自動車、電機、情報通信、小売、外食、ホテル、教育出版、文具など幅広い業界の企業に対して、8000人以上の経営幹部、若手リーダーの育成を支援。ASTD(アメリカに本部がある、世界最大の人材開発・組織開発の非営利団体)日本支部理事、リーダーシップ開発委員会委員長。

著書・雑誌寄稿:『強い会社は社員が偉い』日経BP社、『問題発見力と解決力』日経ビジネス人文庫(共著)、『グループ経営の実際』日本経済新聞社(共著)、『日経ビジネスオンライン』連載「野々村人事部長の歳時記シリーズ1-3」、『日経ビジネスアソシエ』連載「MBA講座」、『人材教育』「プロジェクト・ベースド・OJTのすすめ」、『労政時報別冊』「働く意欲の源になる『心の掛け軸』を持とう」など多数。
得意分野:部長層~課長層対象の、実課題を扱う課題設定、課題解決プロジェクトマネジメントのアクションラーニング型研修、経営層が行うビジョン・戦略構築やチームビルディングのワークショップのファシリテーション、業務改善課題解決手法の研修および実際の課題解決活動の支援コーチング
講師から一言:人と組織の「リーダーシップの進化」を、クライアントの方々とともに、「パートナー」として追求していきます!

k_noguti

野口 秀一(のぐち しゅういち)

インターディペンデンス・コーポレーション代表取締役

大学にて国際関係論を専攻。航空会社にて顧客サービス/販売促進業務/航空機購入交渉/人事部/関連会社経営支援業務の経験を経て、人材能力開発業界へ進出。ベンチャー企業グロービス・コーポレーションでビジネススクール運営責任を担う傍ら、キャリア開発・プログラム開発に関するコンサルテーションを手がける。その後、米国金融系システム会社、英国製薬業界アウトソーシング会社にて、マネジメントおよびビジネススキル研修の事業部門を創設。能力開発事業部門のマネジメント責任者ならびにプログラム開発、ファシリテーターを経て、2003年8月にインターディペンデンス・コーポレーションを設立。代表取締役:CEOとなる。また。同社運営のIBTS(インターディペンデンス・ビジネス・トレーニング・スクール)校長も務める。受講生の反応を見て予定の内容を変更しても、最後は腹に落とさせるパッションの強さと高い説得技術には定評がある。

k_noro

野呂 理(のろ おさむ)

1985年慶應義塾大学理工学部卒業。日東紡績入社後、新規事業の関係会社で生産技術・開発を担当。その後、アーサー・D・リトル(ジャパン)で経営コンサルタント、フランクリン・コヴィー・ジャパンで「7つの習慣」などの研修講師を経験後、2002年独立。独自の研修プログラムでの企業研修講師に専念。組織の中の個人が、真に自律的であることと、まわりの人の自律性を支援し尊重することを狙いとした、研修の場づくりを探求している。